グリーフケアの手法

花

「絵を描く」
絵画療法といわれるものです。
これも、音楽療法と同様、さらっと一人行うこともできます。
気持ち、感情を紙に表現するという方法です。
自分の素直な気持ちが外に現れ、新しい気付きがあるので、とても面白いです。

セッションとして行う場合は、テーマを決めて描いてもらい、その作品を主役としてカウンセリングを進めていきます。

一人で行う場合には、テーマを決めて描くと、その絵が完成したとき、何でこう描いたのだろうか…と、疑問が生まれ、一人では解決する方法が見つからないこともあります。
ですから一人で行う場合には、何も考えず、塗りたい色を紙にぶつけていく、そんな方法でやってみるのが良いと思います。
紙に感情をぶつけて、その後ビリビリに破いてしまうというのも、さらに気分が良くなる方法の一つです。でも、大切にとっておいても良いものもありますよね。
どちらを選ぶかは、あなたのフィーリングに任せてみて下さい。

セラピーとして、しっかりやれば、さらにあなたが気付かなかったことに気付くことができます。ご希望があれば、セッションをさせていただきます。

より良いフィーリングでいられますように。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る