夫の死から5年経って

悲しみきる・ありのままの感情を出す・悲しみに蓋をしないこと

これが、悲しみから抜け出す近道です。

でも、最近、もしかして抜け出してないのでは?と思う事があります。

私は、グリーフケアのカウンセラーとして、セミナーを行ったりしています。

その度に、私の体験を話します。そのとき毎回質問されることがあります。

「悲しみを乗り越えたきっかけはなんですか?」「どうしてこの仕事をしようと思ったのですか?」

最初の頃は、「グリーフケアをするという目標ができたから」と答えていました。自分でもそうだと思っていました。

でも、改めて自問自答をしてみると、それは「今は悲しくない」と自分に言い聞かせている言葉だったのかもしれません。

この仕事をするからには、悲しみは無くさなければいけないと思っていたからかもしれません。

でも、それって、本当の自分ではないかも。

「悲しくても、今でも泣きたくなってもいい」そう思えて初めて悲しみを手放せるのかもしれないと、改めて思っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る